『傾物語』 読了

この作者は凄い!

改めてそう思った。

作品の内容に少しでも触れてしまうと

即刻ネタばれになってしまう

今作のテーマだけに

ここでの詳細は避けるが

非常に上手く話をまとめていると感じた。

前作で語り部を変えるという

チャレンジを行った作者が

今作では、一見すると

世界観に合わないテーマを

上手く物語の中に融合させている。

シリーズの特徴である

キャラクター同士の掛け合い

言葉遊びについては

いつも通りなので

新しさを感じることは全くないが

安心して読める、そんな作品。

新キャラの登場、新たな伏線と

風呂敷を更に広げた点は気になるが

この作者ならきっと上手く

まとめてくれると信じている次第。

★×3.5

今回も無難に面白かったです。

ご愛読感謝♪

Kabuki

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『神戯-DEBUG PROGRAM-』 読了

第2回講談社BOX新人賞Powers受賞作。

第1回受賞作である

『コロージョンの夏』に比べれば

よく出来ている。

が、あくまで比べればの話。

前半から中二描写全開…

無意味なまでに散りばめられた

カタカナ用語には辟易させられる。

主に下巻メインのミステリー部分も

過去にどこかで見たであろう

名作のネタを色々と

使いまわしており

正直なところ陳腐なものだ。

登場人物についても一見すると

各キャラ、よく描かれている様に

感じられるかもしれないが

読み進めるほどに薄っぺらい。

これで上下巻、約1000ページを

読了するのは、かなりきつかった。

「読み始めたら最後まで!」

が信条なので、

一応最後まで読み進めたが

今回は本当に疲れた。

第1回、第2回と連続してこれでは

この賞の未来は

暗いのではなかろうか。

少なくともArtistaが

今後この賞の受賞作を

購入することは

よっぽどのことが起こらない限り

ないと断言する。

評価は、★×2

過去の名作ミステリーを読んだことが

ない人間には面白いのかもしれない。

純粋にラノベ好きの人間には

面白いのかもしれない。

が、Artistaには合わなかった。

最近、仕事の関係上

ラノベを多く読んでいるが、

基本的に合わないのかもしれない

…と思う今日この頃。

ラノベ好きの方、ごめんなさい。

そして、講談社担当の方…

エンターテイメントは

ホント楽じゃない…よね

Artistaも、業界人として

頑張らねばと改めて思った次第!

ご愛読感謝♪

Zdp110104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根駅伝・復路

箱根駅伝が終わりました…

例年、往路と比べると

中だるみしてしまう傾向のある復路ですが、

今年は最後まで面白かった!

早稲田の粘りも東洋の追い上げも

実に見応えがありましたよね。

優勝した早稲田、2位の東洋、3位の駒澤と

下級生の多いチームですから

来年もまた盛り上がりそうで、楽しみです。

それにシード権争いも最後まで接戦でした。

國學院の走者がゴール直前で

ルートを間違えた時はヒヤリとしましたよ…

最後、ギリギリでかわして

10位に入ったから良かったですけど

あれで負けたら、彼は1年間

悔やみ続けてしまうところでした。

一方、わずか2秒差で

シード落ちしてしまった城西。

ここ数年は上位を伺う位置にいただけに残念。

来年のリベンジに期待したいです。

これで私の中での正月は終わりです。

明日から仕事が始まりますし…

そろそろ仕事モードに切り替えていかないと。

今年もヒット作に恵まれるよう

頑張りたいと思います♪

ご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根駅伝往路を見た

正月といえばやっぱり箱根駅伝。

そして例年通りの柏原劇場で

往路の幕は閉じた。

“山の神”と呼ばれるだけあって、

今年も別格の走り。

スランプと言われながらも

やっぱり強かった…

それと2区の東海大、村澤!

13人抜きは凄かったな…

明日の復路も楽しみだ♪

ご愛読感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エトワールを観てきた

やっと仕事納め。

というわけでずっと行きたかった

『ドガ展』(横浜美術館)に足を運んでみた。

思ったより混んでなく

じっくり鑑賞できたのは

良い意味で想定外♪

『エトワール』は素晴らしかった。

院生時代ほど細部にこだわっての鑑賞は

しなかったけれど、良い目の保養でした。

12/31までなので行きたい人は

急ぐべし!!!

ご愛読感謝♪

Degas1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『KAGEROU』購入

とりあえず買ってみました。

仕事が忙しいので読むのは

週末になりそうですが…

とにかく評価は読んでからです。

面白ければ誉めますし、

つまらなければ、柔らかく貶します。

あくまでいつも通り。

ポプラ社の編集者が絶賛したように

過去になかった新しい小説なのか。

それとも話題だけの駄作で終わるのか。

週末を楽しみにしたいと思います。

ご愛読感謝♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『琅邪の虎』読了

「虎が人の姿をして、災いを振り撒く」

始皇帝時代の港町、

琅邪を舞台にした

歴史ミステリー第2弾。

今回も充分に堪能させていただきました。

前作よりも良い意味で

軽いと言うか読みやすい。

相変わらず各キャラクターも魅力的。

読後、早く続きが読みたくなった次第。

評価は★×4。

前作を面白いと思った方なら、

購入して間違いない良作です。

次回作は『咸陽の闇』というらしく、

こちらも実に楽しみ♪

発売日の購入は、ほぼ決定的かな(笑)

ご愛読感謝♪

Rouya_tora

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神ドラフト2位、一二三の身体能力って…

デイリースポーツにこんな見出しが。

『超高校級!一二三“怪物ボディー”や』

何事かと記事を見てみると、

阪神タイガースの新人8選手が

体力測定を行い、

ドラフト2位の一二三の能力が

全体トップクラス、

かつ近年の高校生選手では

断トツの数字だったという内容。

で・・・数字を見てみたのですが、

懸垂16回?

冗談かと思いましたよ。

中3の時のArtistaの方が断然上です。
(スポーツテストの結果だけみればですが)

前々から思っていましたが、

プロ野球選手で基本運動能力、低いんですかね?

というか「今の」、という方が

良いのかもしれませんが。

Artistaの通っていた高校の野球部は強豪校で

在学中に2度、甲子園に出場しています。

そのときの野球部連中といったら

余裕で懸垂50回くらいしてたんですけどね…

ちなみに以下、Artistaの中3時の

スポーツテスト記録表を引っ張り出してみました。

ご丁寧に学年順位まで書いてありました。

こんなところまで順位をつけてたとはね…

現代のゆとり世代では考えられない記録表(笑)

50m走:6秒2(7位)
走り幅跳び:5m18cm(6位)
ハンドボール投げ:23m(38位)
懸垂:28回(15位)
持久走(1500m):4分56秒(9位)
反復横跳び:67回(6位)
垂直跳び:69cm(3位)
背筋力:148㎏(5位)
握力:右47㎏、左55㎏(5位)
伏臥上体反らし:69回(7位)
立位体前屈:17cm(6位)

今の時代に学生してたら、

基本能力だけなら超高校級だったのかしら?

ご愛読感謝♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『アンリアル UnReal』 読了

講談社BOX、北國浩二の作品。

例によって、ネタばれにならないように

感想を書かせていただきます。

頭に特殊な装置を付けて眠ると、

仮想現実の世界へ意識が転送されるという

近未来の体感ゲームを中心に据えた物語。

見て、触って、感じることの出来る仮想現実の世界は

確かに魅力的なものだ。

しかし、この世界には責任というものが存在しない。

故に、人間の本質的な部分、

特に狂気に属する感情が肥大してしまうように感じられる。

実際この作品でも、騎士団に配属されたユーザーたちは

何の意味もなく、人を騙し、略奪し、殺し、

あまつさえ、女性キャラクターをレイプしようとまでする。

この作品は、人間の心の「弱さ」が等身大に描かれており、

絶対正義のヒーローは存在しない。

ラストもすっきりとした終わり方ではなく、

その後の展開を読者に想像させる粋なものだ。
(読者によっては卑怯な手法と感じるかもしれない)

講談社BOXらしからぬ、重い展開は好印象。

典型的なラノベしか読まないという人間には

つまらないと感じる作品かもしれないが、

個人的には興味深く読ませてもらった。

現時点での評価は★×3。

ただ、もし続編が描かれた場合、

そのエンディング次第では、

駄作にも秀作にも化ける気がした。

ご愛読感謝♪

Unreal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅白出場歌手決定に思う

NHKへの貢献度や

視聴者から求められる要望、

世代交代を意識して選ばれたという

今年の紅白出場歌手。

それは本当なのかしら?

美川憲一を落とすくらいなら

他に要らないグループが

あるんじゃないかと思う次第。

少なくともお年寄りは

がっかりしてるはず。

うちのばあちゃんは

楽しみが減ったと嘆いてました。

同じように思っている人は

たくさんいるんじゃないかな。

それに知らないのがたくさんいるし。

特に若いグループはさっぱりです。

Artistaも、

もうおっさんって事かもしれません(泣)

ご愛読感謝♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«明治神宮野球大会(大学)/決勝の結果