« 2010年12月 | トップページ

『傾物語』 読了

この作者は凄い!

改めてそう思った。

作品の内容に少しでも触れてしまうと

即刻ネタばれになってしまう

今作のテーマだけに

ここでの詳細は避けるが

非常に上手く話をまとめていると感じた。

前作で語り部を変えるという

チャレンジを行った作者が

今作では、一見すると

世界観に合わないテーマを

上手く物語の中に融合させている。

シリーズの特徴である

キャラクター同士の掛け合い

言葉遊びについては

いつも通りなので

新しさを感じることは全くないが

安心して読める、そんな作品。

新キャラの登場、新たな伏線と

風呂敷を更に広げた点は気になるが

この作者ならきっと上手く

まとめてくれると信じている次第。

★×3.5

今回も無難に面白かったです。

ご愛読感謝♪

Kabuki

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『神戯-DEBUG PROGRAM-』 読了

第2回講談社BOX新人賞Powers受賞作。

第1回受賞作である

『コロージョンの夏』に比べれば

よく出来ている。

が、あくまで比べればの話。

前半から中二描写全開…

無意味なまでに散りばめられた

カタカナ用語には辟易させられる。

主に下巻メインのミステリー部分も

過去にどこかで見たであろう

名作のネタを色々と

使いまわしており

正直なところ陳腐なものだ。

登場人物についても一見すると

各キャラ、よく描かれている様に

感じられるかもしれないが

読み進めるほどに薄っぺらい。

これで上下巻、約1000ページを

読了するのは、かなりきつかった。

「読み始めたら最後まで!」

が信条なので、

一応最後まで読み進めたが

今回は本当に疲れた。

第1回、第2回と連続してこれでは

この賞の未来は

暗いのではなかろうか。

少なくともArtistaが

今後この賞の受賞作を

購入することは

よっぽどのことが起こらない限り

ないと断言する。

評価は、★×2

過去の名作ミステリーを読んだことが

ない人間には面白いのかもしれない。

純粋にラノベ好きの人間には

面白いのかもしれない。

が、Artistaには合わなかった。

最近、仕事の関係上

ラノベを多く読んでいるが、

基本的に合わないのかもしれない

…と思う今日この頃。

ラノベ好きの方、ごめんなさい。

そして、講談社担当の方…

エンターテイメントは

ホント楽じゃない…よね

Artistaも、業界人として

頑張らねばと改めて思った次第!

ご愛読感謝♪

Zdp110104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根駅伝・復路

箱根駅伝が終わりました…

例年、往路と比べると

中だるみしてしまう傾向のある復路ですが、

今年は最後まで面白かった!

早稲田の粘りも東洋の追い上げも

実に見応えがありましたよね。

優勝した早稲田、2位の東洋、3位の駒澤と

下級生の多いチームですから

来年もまた盛り上がりそうで、楽しみです。

それにシード権争いも最後まで接戦でした。

國學院の走者がゴール直前で

ルートを間違えた時はヒヤリとしましたよ…

最後、ギリギリでかわして

10位に入ったから良かったですけど

あれで負けたら、彼は1年間

悔やみ続けてしまうところでした。

一方、わずか2秒差で

シード落ちしてしまった城西。

ここ数年は上位を伺う位置にいただけに残念。

来年のリベンジに期待したいです。

これで私の中での正月は終わりです。

明日から仕事が始まりますし…

そろそろ仕事モードに切り替えていかないと。

今年もヒット作に恵まれるよう

頑張りたいと思います♪

ご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根駅伝往路を見た

正月といえばやっぱり箱根駅伝。

そして例年通りの柏原劇場で

往路の幕は閉じた。

“山の神”と呼ばれるだけあって、

今年も別格の走り。

スランプと言われながらも

やっぱり強かった…

それと2区の東海大、村澤!

13人抜きは凄かったな…

明日の復路も楽しみだ♪

ご愛読感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ