箱根駅伝・復路

箱根駅伝が終わりました…

例年、往路と比べると

中だるみしてしまう傾向のある復路ですが、

今年は最後まで面白かった!

早稲田の粘りも東洋の追い上げも

実に見応えがありましたよね。

優勝した早稲田、2位の東洋、3位の駒澤と

下級生の多いチームですから

来年もまた盛り上がりそうで、楽しみです。

それにシード権争いも最後まで接戦でした。

國學院の走者がゴール直前で

ルートを間違えた時はヒヤリとしましたよ…

最後、ギリギリでかわして

10位に入ったから良かったですけど

あれで負けたら、彼は1年間

悔やみ続けてしまうところでした。

一方、わずか2秒差で

シード落ちしてしまった城西。

ここ数年は上位を伺う位置にいただけに残念。

来年のリベンジに期待したいです。

これで私の中での正月は終わりです。

明日から仕事が始まりますし…

そろそろ仕事モードに切り替えていかないと。

今年もヒット作に恵まれるよう

頑張りたいと思います♪

ご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根駅伝往路を見た

正月といえばやっぱり箱根駅伝。

そして例年通りの柏原劇場で

往路の幕は閉じた。

“山の神”と呼ばれるだけあって、

今年も別格の走り。

スランプと言われながらも

やっぱり強かった…

それと2区の東海大、村澤!

13人抜きは凄かったな…

明日の復路も楽しみだ♪

ご愛読感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神ドラフト2位、一二三の身体能力って…

デイリースポーツにこんな見出しが。

『超高校級!一二三“怪物ボディー”や』

何事かと記事を見てみると、

阪神タイガースの新人8選手が

体力測定を行い、

ドラフト2位の一二三の能力が

全体トップクラス、

かつ近年の高校生選手では

断トツの数字だったという内容。

で・・・数字を見てみたのですが、

懸垂16回?

冗談かと思いましたよ。

中3の時のArtistaの方が断然上です。
(スポーツテストの結果だけみればですが)

前々から思っていましたが、

プロ野球選手で基本運動能力、低いんですかね?

というか「今の」、という方が

良いのかもしれませんが。

Artistaの通っていた高校の野球部は強豪校で

在学中に2度、甲子園に出場しています。

そのときの野球部連中といったら

余裕で懸垂50回くらいしてたんですけどね…

ちなみに以下、Artistaの中3時の

スポーツテスト記録表を引っ張り出してみました。

ご丁寧に学年順位まで書いてありました。

こんなところまで順位をつけてたとはね…

現代のゆとり世代では考えられない記録表(笑)

50m走:6秒2(7位)
走り幅跳び:5m18cm(6位)
ハンドボール投げ:23m(38位)
懸垂:28回(15位)
持久走(1500m):4分56秒(9位)
反復横跳び:67回(6位)
垂直跳び:69cm(3位)
背筋力:148㎏(5位)
握力:右47㎏、左55㎏(5位)
伏臥上体反らし:69回(7位)
立位体前屈:17cm(6位)

今の時代に学生してたら、

基本能力だけなら超高校級だったのかしら?

ご愛読感謝♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明治神宮野球大会(大学)/決勝の結果

早稲田大学 vs 東海大学。

コーヒーブレイクの時間を利用して更新します。

自営業の友人から速報メールが飛び込んできた。

これだから自営業は…羨ましすぎる(怒)

平日の昼間に野球観戦とは良い身分だな!ホント!

仕事がなければ、自分も行きたかったぁ

シクシク (T_T)

まあ、Artistaの個人的な憤りはともかく、

そろそろ本題に入りましょう。

無駄に長かった携帯メールを要約すると、

こんな感じの試合だったらしいです。

2010年ドラ1トリオを擁する早稲田大学と

そのドラ1トリオすら超える才能を持つと言われる

157km右腕、3年生エース菅野を擁する東海大学。

先発は早稲田:広島1位の福井に対し、東海:菅野。

先制は東海大学。

2回、ノーアウトでランナーを出すと、

バントで2塁へ進塁。

その後、7番坂口が内野安打を放って、1対0。

東海:菅野は初回から150kmを連発。

キレの良いスライダーと併せて、

早稲田打線に付け入る隙を与えません。

一方の早稲田:福井も

ドラ1の意地を見せる気合のピッチング。

得点圏にランナーを進めても

追加点を与えない。

6回、早稲田は1アウト満塁のチャンス。

東海:菅野、3番地引を三振も、

4番前田にライト前に運ばれ、

2対1、遂に逆転を許します。

早稲田は、7回から西武1位:大石に

投手交代、必勝パターンに入ります。

その大石が7,8回を

6人(5奪三振)で抑える完璧なピッチング。

そして9回にサプライズ。

早稲田のマウンドに上がったのは

日本ハム1位の斎藤。

2三振+サードゴロで、

きっちり抑えて試合終了。

2対1で、早稲田が初優勝。

やばい…

簡潔にまとめたはずが長文だ。

仕事に戻ります、

ご愛読感謝♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

白鵬、連勝ストップに思う

遂に負けた…

白鵬ファンの方には怒られるかもしれませんが、

正直なところ、

連勝ストップは、嬉しさと残念さが半々て感じです。

相撲における双葉山の69連勝と、

プロ野球、王貞治の年間55本&通算868本の

ホームラン記録。

これだけは、誰にも抜いてほしくないという

心理が働きます。

記録は抜くためにある!

まさにその通りだと思うんですけどね…

白鵬の新記録に期待していたというのは

やはり表層的な感情で、

心の奥底では負けを望んでいた気がします。

これに気づいた時、

つくづく自分は、ちっちゃい人間だなぁと

ちょっとだけ卑下してしまいました。

自分にがっかりです…

ご愛読感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本シリーズ第5戦 結果

Artistaの愛するライオンズを降した

憎き千葉ロッテマリーンズ。

…が、日本シリーズとなれば

パリーグの代表として頑張って欲しい。

そもそも、落合さんが現役時代から嫌いだったので、

中日応援は100%、ありえない。

昨日、六大学野球に視聴率で負けたというのが

なんか無性に悔しかったので、

仕事しながら、ネット観戦。

言っておきますが、仕事の手は抜いてません。

部下の作成物に対するレスから、

会議資料&プレゼン原稿の作成まで

きっちり、こなしております。

と、言い訳はここまでにして

重要なのは試合の方です。

ロッテが10対4で勝利♪

ヽ( ´¬`)ノ  ワ~イ

サブローの1発こそあったものの、

コツコツ積み上げての10得点♪

良い勝利でした~

で、一方の中日。

最後まで粘った打線には

ホント天晴れなんですけど、

先発の中田を9失点しながらも、

5回まで投げさせた落合監督の采配…

今日の試合はもう捨てた、

中継ぎに負担もかけたくないし、

勝負は名古屋でつけるよ。

だから中田は続投で!とか

思ってるのかもしれませんが、

見てて不憫というか、やらしいというか…

やっぱり好きになれんわ、落合さん。

中日ファンの人、ごめんなさい。

ご愛読感謝♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダルビッシュが離婚間近?だから何?

芸能人やスポーツ選手の離婚騒動って

いつも話題になりますが、

どうでもよくないですか?

他人の夫婦が不仲になったことを

面白おかしく書き立てる意味がわからんです。

こういった報道に目の色変えて見入る

人間の頭の悪さには心底辟易する…

エンターテイメント業界にいると、

製作チームとしては、

馬鹿馬鹿しい、くだらないと思いながらも

売れるから作ろうか、という話が往々にしてあります。

それと同じで、需要があるからこそ

こういったニュースになるのでしょうが、

Artista的には、ダルビッシュの離婚なんぞ

心底どうでも良い…

浮気してようが、していまいが

本業の野球で良いピッチングを見せてくれれば

万事OKなのですよ。

まあ、ブログのネタにしてる時点で

自分もワイワイ言っている人間と

同類なのかもしれませんが…

ご愛読感謝♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本シリーズより早慶戦が人気…

Artistaも3日の昼間に早慶戦は見たが

夜の日本シリーズは見なかった。

だから偉そうな事は言えないのだけど、

早慶戦の視聴率が日本シリーズに勝つとは

なんとも寂しい話ですよね。

早慶戦が12.1%で

日本シリーズが9.7%だそうだ。

2勝2敗と良い展開だし、

今夜はビールでも飲みながら、

日本シリーズ見ようかな?

ご愛読感謝♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早慶 優勝決定戦

斎藤はスターだ!

改めて思った今日の早慶戦。

結果は10対5で早稲田の優勝。

先発した斎藤は7回までノーヒット・ピッチング。

特別速いストレートがあるわけでもなく、

キレの良い変化球があるわけでもない。

それでも相手の打ち損じを誘う投球術は見事なもの。

8回の5失点は守備の乱れもあり、

不運な部分もありましたが、

総合的に見れば、実に見事なピッチングでした。

慶大ナインの8回の粘り、得点への執念は

鬼気迫るものでしたし、

学生らしい白熱した好ゲームに

大満足でございます。

そして斎藤の勝利者インタビュー、

「ずっと斎藤は何か持っていると言われてきた。

今日、それが何か確信した。それは“仲間“。

チームメイト、応援してくる多くの方々、慶大という

素晴らしいライバルの存在が、大学での4年間、

自分をここまで成長させてくれた」

ホント良いこと言います。

プロで通用するかはまだわかりませんが、

この検挙な気持ちを忘れずに頑張ってほしいです。

来年、日本ハムのユニフォームを着た

斎藤佑樹の活躍を楽しみにしたいと思います。

ただチームとして応援するのはライオンズです(笑)

大石君もナイスピッチングでしたよ~♪

ご愛読感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

創志学園、決勝で敗れる

先日、コメントした創志学園野球部。

中国大会決勝戦で、

同じ岡山の関西高校に

0対4で敗れてしまったそうな。

コメントした日に負けてしまうとは残念無念。

ですが、中国大会2位ということで、

不祥事起こさない限りは、選抜も確定?かな?

全国放送で見たいぞ、創志学園!

ご愛読感謝♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)